パナソニック鼻毛カッターを買ってみた

パナソニック製の電動鼻毛カッター(型番:ER-GN70-K)を買ってみた。これまで鼻毛をハサミで刈っていたのだが、見えにくい鼻の中でハサミの刃先を動かすため、鼻毛がうまくカットされないのか、あとから1本だけ長い鼻毛が飛び出しだしてきたり、うまく切れない部分が残ることがあった。

この問題を解決するため、ばね式や電動式、鼻毛専用はさみなど、様々なメーカーの製品を調べたのだが、素材からして長期使用を前提していない商品、耐久性の問題、水洗いができないなどの衛生の問題、部品を交換して使い続けることを前提していないなど様々な問題があることがわかった。

これまでの経験上、おそらくこれは大丈夫だろうと購入した製品が2018年9月に発売されたパナソニックのエチケットカッター ER-GN70である。

結論からいうと、この商品はお勧めである。とても満足のできる商品である。

 

 

商品パッケージ・・・「評価 ×」

商品は紙と薄いプラスチックのケースに梱包されている。パッケージを見る限り、何の商品なのか一見するとよくわからない。鼻毛をカットする商品の特性上、あえて分からないようにしているのかもしれない。今回、パナソニックのページで商品説明を読み、ヨドバシコムから注文したので、商品パッケージは考慮しなかったが、家電量販店の店頭にいって商品を選ぶ場合、手に取らなかった可能性がある。

 

 

 

 

製品の取り出し・・・「評価 ○」

箱から商品までの取り出しは簡単で安全だった。たまにあるのが、商品を保護しているプラスチックが硬く取り出しにくいもの、プラスティックの角が鋭利で注意が必要なもの、商品をテープでベタベタと固定しているためテープをはがす箇所か多く時間がかかるもの、テープが安物なのか商品自体にネトネトとまとわりつき、とろうとしたらそのままベタベタが残るもの、こういった商品を手にすると、使う前からゲンナリする。パナソニックの商品はそういったことがまずない。今回もそういった問題はなく、商品の取り出しに問題はなかった。

 

 

製品のセッティング・・・「評価 ○」

スイッチをいれて動かすのは簡単だった。前に、他のメーカーでバラバラに部品が箱に収納され、使用説明書を見ながら組みたてを行う必要のあるものがあったが、パナソニックの商品は組み立て済みのため、そういった手間がない。一点だけ、気づかない人もでてくると思うのが、電池の問題だ。この製品は単四電池2本が動かすには必要なのだが、商品自体に単四電池は付いていない。別売りで買う必要がある。私は商品を買う際、エネループというパナソニック製の繰り返し充電ができる電池を別に購入した。製品カタログによれば、単四電池2本で半年ぐらい使えるらしいので、あえて繰り返し充電ができる電池を買うメリットは少ないのかもしれないが、いざ切れたときに単四電池が手元になく、使いたいときに使えなかったら嫌なので、繰り返し充電のできるエネループを買うことにした。

 

製品を使ってみて・・・「評価 ◎」

スイッチオン。電源をいれてみる。ブイーンとモーターの回転する音がする。商品の先端を鼻の中にいれてみる。ジョリジョリジョリー鼻毛が高速で刈り取られる音がする。全く痛くない。気になる鼻毛の残り方もしない。中国製の安物の電動式鼻毛カッターを買った知り合いの話によれば「刃物が悪いのか、鼻毛をつままれて、そのまま抜かれているような感じがあり、とても痛く、使用1回目で使わなくなった」と聞いていたこともあり、恐る恐る鼻の中に先端をいれたが、この商品は全く痛くなくスムーズに使える。ただ、モーターの回転数が高く微細な振動が発生しているのか、慣れるまで、鼻の穴がくすぐったく、くしゃみが何度もでた。その後、何度か製品を使ううちに微細な振動も気にならなくなったし、くしゃみもでなくなった。

この商品は鼻毛に加え、耳下も処理できる。耳毛を処理する場合なのだが、耳の穴に商品の先端をいれると、鼻に入れたときに感じた微細な振動にくわえ、商品の横についてる、吸い込んだ空気を逃がす穴からでる空気音がシューと聞こえる。慣れれば、それほど気にならない

もう1つこの製品がよいのは、カットした鼻毛が製品内部のフィルターの中に吸い込まれ、飛び散らず、製品から毛が出てこないことだ。ハサミで鼻毛をカットしていたときは、鼻毛の湿り具合にもよるが、鼻毛が乾燥しているとあちこちに飛び散り、鼻の中にもカットした鼻毛が残ることがあった。この製品はそういった問題が全くない。

 

分解、水洗い・・・「評価 ◎」

髭剃りでもそうなのだが、安いひげそりだと分解ができず、水洗いもできない。鼻毛カッターにおいても同様で、安いものだと分解、水洗いができないものがほとんどだ。パナソニックの製品でも安い鼻毛カッターは、分解できず、外からブラシでサワサワするだけにとどまり、水洗いもできないのだが、このモデル(型番:ER-GN70-K)は分解、水洗いが簡単にできる。分解する際、ドライバーはいらず、ネジを回す必要もない。手で軽く半回転させるだけ。構成される部品は3つなので、分解した部品の位置を管理する必要もない。どの部品も水洗いでき、鼻毛がたまっているフィルターも丸ごと水あらいができ、必要であればブラシで直接こすることもできる。部品の場所で直接、洗えない場所がないため、とても衛生的である。とてもよく考えられている。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。