LANケーブルを替えたら速度が2倍になった

NTTのフレッツ光(理論値1GB)を引いているのだが、遅い。思うように速度がでていない。

ルーターも最新のものに替えたが思うように速度がでない。調子がいいときで下り30M。平均的には25M前後である。PCからルーターまで有線のケーブルで引いているのだが、そこが速度がでない原因の可能性があるので、ネットで調べてみる。

有線ケーブルには種類がいくつかあり、カテゴリーという規格によって速さが異なるようだ。いま使っているケーブルはカテゴリー5eである。5年前に買ったケーブルだ。

カテゴリー5e、カテゴリー6、カテゴリー7の実測値を測定したサイトを見ると、ほとんど早さは変わらないと書いているものが多い。値段をアマゾン、ヨドバシカメラで調べてみると、カテゴリー6までは10mのケーブルを買っても1000円しないが、同じケーブルをカテゴリー7を買おうとすると4000円する。

ネットの記事が本当であれば、ケーブルを替えても速さは変わらないはずだが、ヨドバシコムでバッファローの爪が折れない10mケーブル(カテゴリー6a)が税込み806円で売っていたので、試しに注文してみた。翌日、商品が届いた。

PCからルーターまでケーブルを張り替えてみる。今回、ケーブルがフラットタイプを選んだので、途中の配線がすごく楽だ。早速、速度を測ってみると、なんと下り60Mでる。時間を変えて測っても50Mはでる。

LANケーブルをカテゴリー5eから6aに替えただけで、速度が2倍になった。わずか806円の投資で速度が2倍になったのは大きい。速さが2倍になったためか重いサイトのレスポンスも非常によい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。